じぶんいろのしごと

Web サイト内
  ボーダー・機械割・期待値

機械割とはパチスロでどれ位のメダルが出るかの目安の数値になります。
一般的に出したメダルをOUT枚数、入れたメダルをIN枚数と言います。
OUT枚数はBIGやREGの払い出しはもちろん小役やリプレイも含みます。
IN枚数は実際に入れた枚数になり、
BIG中の小役ゲームのJAC IN時の1枚も含まれます。

ボーダーラインとは計算上、収支が±0円となる1,000円当たりの回転数です。
ボーダー以上に回る台で勝負することが勝利への第一歩になります。
下記のボーダーラインは無制限の場合の目安であり、
出玉の量などでボーダーラインには誤差が生じます。
下記の数値は目安であり、収支の保障をするものではありませんので
ご了承下さい。

パチスロの設定判別で高設定台を探す方法については以下をご参考下さい。


ボーダーラインとは?
ボーダーラインとは「パチンコ」で1,000円あたり
何回転回るかの基準値になります。
ボーダーラインを下回れば負ける確率が高くなり、
ボーダーラインギリギリで±0、
ボーダーライン以上回れば勝つ確率が高くなります。

ボーダーライン計算式
1回交換ボーダーライン=
1000÷(初当り確率×平均連荘率×当り1回分の出玉×換金率)

等価交換ボーダーライン=
1000÷(初当り確率×平均連荘率×当り1回分の出玉×4)

等価交換の場合4円無制限のボーダーを算出する為、
  換金による差はありません。

無制限ボーダーライン=
1回交換ボーダーライン×((換金率÷4)+((4-換金率)×0.075))
無制限の時は定数0.075を使用。

計算が面倒な方はコチラから無料ソフトをダウンロードして下さい。
パチンコボーダーライン計算ソフトやパチスロ機械割、期待値計算ソフトを
  お探しの方は、Vector:ソフトウェア・ライブラリ&PCショップをご利用下さい。


大当り期待率とは?
大当たり期待率計算式
(1/Xの確率の台で、Y回転以内に当たる確率)(%)
(1-((確率の逆数-1)÷確率の逆数)^回転数)×100  ^は累乗(2乗、3乗…等)

計算が面倒な方はコチラから無料ソフトをダウンロードして下さい。
パチンコボーダーライン計算ソフトやパチスロ機械割、期待値計算ソフトを
  お探しの方は、Vector:ソフトウェア・ライブラリ&PCショップをご利用下さい。


連荘期待率とは?
連荘期待率計算式
確変中大当り期待率+時短中大当り期待率=連荘期待率
大当たり期待率の計算式で確変中の消化ゲーム数と確変終了後の
  時短消化ゲーム数をそれぞれ計算する必要があります。

計算が面倒な方はコチラから無料ソフトをダウンロードして下さい。
パチンコボーダーライン計算ソフトやパチスロ機械割、期待値計算ソフトを
  お探しの方は、Vector:ソフトウェア・ライブラリ&PCショップをご利用下さい。


平均連荘数とは?
平均連荘数計算式
1-連荘期待数=A 1/A=X のXが初当たり時の平均連荘数

計算が面倒な方はコチラから無料ソフトをダウンロードして下さい。
パチンコボーダーライン計算ソフトやパチスロ機械割、期待値計算ソフトを
  お探しの方は、Vector:ソフトウェア・ライブラリ&PCショップをご利用下さい。


合成確率とは?
合成確率とはパチスロのBIGボーナスとREGボーナスを合算した大当たり確率の事を言います。 これから合成確率の計算式を説明します。

(分母A×分母B)÷(分母A+分母B)=合成確率

上記の計算方法で試算してみます。
今現在、総回転数が2000GでBIG回数5回REG回数3回の台があると仮定します。
BIGボーナスの出現確率は総回転数÷大当たり回数で計算できますので、
BIGボーナスの大当たり確率は1/400になります。
REGボーナスの出現確率は総回転数÷大当たり回数で計算できますので、
REGボーナスの大当たり確率は1/666になります。
それぞれの大当たり確率がでたので、
先程の計算式に当てはめて計算してみます。
(400×666)÷(400+666)=249.9になります。
分母の計算ですので、分子を合わせると1/249.9という
合成確率が算出されました。

5号機などの台を打つ前に携帯電話などの電卓機能で計算して、
  解析情報の合成確率と照らし合わせればおおよその設定を推測
  する事が出来ます。


機械割とは?
機械割とはパチスロでどれ位のメダルが出るかの目安の数値になります。
一般的に出したメダルをOUT枚数、入れたメダルをIN枚数と言います。

機械割に対する期待収支を計算してみましょう。
期待収支とは1日打ってだいたいどれくらい儲かるかの計算になります。

8,000Gプレイして機械割95%なら
24,000枚(IN枚数)×95%(機械割)=22,800枚(OUT枚数)
22,800枚(OUT枚数)−24,000枚(IN枚数)=-1,200枚(差枚)
つまり24,000円の負けです。

8,000Gプレイして機械割100%なら
24,000枚(IN枚数)×100%(機械割)=24,000枚(OUT枚数)
24,000枚(OUT枚数)−24,000枚(IN枚数)=±0枚(差枚)
つまり±0円です。

8,000Gプレイして機械割108%なら
24,000枚(IN枚数)×108%(機械割)=25,920枚(OUT枚数)
25,920枚(OUT枚数)−24,000枚(IN枚数)=+1,920枚(差枚)
つまり38,400円の儲けです。

8,000Gで24,000枚は3枚投入×8,000G=24,000枚で計算してありますので、
  厳密に計算すると多少誤差がありますのでご了承下さい。
上記の計算方法は等価交換を前提に計算してあります。5.5枚、6枚交換では
  差枚数に誤差が出ますので、交換率により数式を変更して計算してください。


攻略関連
 パチンコ・パチスロ攻略情報
 パチンコ・パチスロ攻略会社
ホール関連
 ホール選び
 ホールでの立ち回り
 ホールでのトラブル

情報収集
 攻略理論
 パチンコ釘の見方
 パチスロ5号機について
 ボーダー・機械割・期待値
 パチンコ・パチスロ用語集
 メーカー
 ゲーム・グッズ・雑誌
コラム
 パチンコの玉
 止め打ち
 ボーダーライン
 目押し
 高設定台を打つ方法
 体感器
 収支表
 データ機器設置ホール
 貯玉システム







Copyright © 2009 - [ じぶんいろのしごと ] All rights reserved
Information on this site is for Japanese domestic market only.