じぶんいろのしごと

Web サイト内
  貯玉システムを活用しよう!

ホールによっては会員になるとカードで「貯玉」というシステムを利用できます。
そのホールが等価交換であれば特にメリットとなることはありませんが
換金率が低ければ低いほど「貯玉」の効果は発揮されます。

現在、私は貯玉できるホールでの稼動も多いです。
そのホールの換金率は5.4枚交換。
1日に使用できる貯玉には限度がありますが
最大500枚まで貯玉を使用できるホールです。
これが私の収支を手助けしているわけです。

コインサンドに1,000円入れれば50枚出てきます。
等価交換であれば50枚を換金しても1,000円になりますが、
例えば5.4枚交換なら50枚換金しても1,000円にはなりません。
5.4枚交換ならコインサンドに1,000円入れる度に4枚、
実に80円近い損
をしているわけです。

しかし、貯玉を使用することにより
この換金率ギャップでの損を若干回避できます。
私の行くホールでは1日500枚まで貯玉を利用できますので
普通に10,000円投資するより40枚、およそ800円得をしていることとなります。
長い目で見るとこの差は大きな差となると思います。
この貯玉というシステムは換金率が低ければ低いほど
換金ギャップを回避できますので有効なのではないでしょうか。

貯玉できるホールによく行ってるという方は
少しでも貯玉しておくことをオススメします。

ついでに私の貯玉の貯め方は毎日500枚ほど貯玉をしようし、
500枚以内で追加投資することなく出た場合
750枚〜2,000枚程度の出玉なら再び貯玉。
2,000枚以上出た場合は換金という方法をとっています。
自分の財力に合わせて影響のない程度に貯玉しているという感じです。

ホールが潰れない限り、または有効期限等を超えない限り
貯玉のシステムは有効ですので貯金感覚でもいいかと思います。
稀なケースですが銀行に貯金している場合より得するということもあります。

それは例えば6.0枚交換だったホールが5.5枚交換に変更になった場合、
多く貯玉している人は換金率が上がったことでかなりの得をするということです。


攻略関連
 パチンコ・パチスロ攻略情報
 パチンコ・パチスロ攻略会社
ホール関連
 ホール選び
 ホールでの立ち回り
 ホールでのトラブル

情報収集
 攻略理論
 パチンコ釘の見方
 パチスロ5号機について
 ボーダー・機械割・期待値
 パチンコ・パチスロ用語集
 メーカー
 ゲーム・グッズ・雑誌
コラム
 パチンコの玉
 止め打ち
 ボーダーライン
 目押し
 高設定台を打つ方法
 体感器
 収支表
 データ機器設置ホール
 貯玉システム







Copyright © 2009 - [ じぶんいろのしごと ] All rights reserved
Information on this site is for Japanese domestic market only.