じぶんいろのしごと

Web サイト内
  住民税について

住民税ってなに?という方はいらっしゃいますか?
補足の意味もこめて、住民税について簡単に説明したいと思います。

住 民 税
住民税とは、一般的には市町村民税(23区では特別区民税)と
道府県民税(東京都では都民税)と呼ばれています。

道路や川、ダムなどをつくったり、学校・公民館などの設備と管理したりといった
仕事は、都道府県や市町村の仕事になります。
こういった都道府県や市町村の仕事は、
私たちの暮らしを豊かにするために欠かせないものですよね。

そこで、そのための資金となるお金を、
それぞれの都道府県や市町村に居住する住民が
負担しようというのが住民税となります。

住民税には、「均等割 」と 「所得割 」という2つの種類があります。
均等割とは、所得金額の多少にかかわらず一定の金額を負担するものです。
所得割とは、1年間の所得に応じて負担するものです。

これまで、均等割りに関しては、ご主人と同じ市区町村に住んでいれば
奥様には課税されませんでしたが、平成17年度から段階的に廃止し、
所得金額が一定金額(例:パート収入100万円)を超える人に
均等割を課税するようになりました。
均等割の税額は次のようになります。

道府県民税(年額)1,000円 市町村民税(年額) 3,000円

これからお話する内容は、所得割に関するものになります。
住民税というのは、前年度の所得を元に計算され、
負担する金額が決まってきます。

つまり、今年は仕事をしていないけど、去年仕事をしていたという人は、
今年は住民税を負担しなければなりません。
そして来年は住民税を負担しなくても良いということになります。

住民税は、年収が100万円を超えると発生すると伝えましたが、
金額はそれほどは大きくなりません。
住民税(所得割)の計算方法は次のようになります。

(所得金額 - 給与所得控除額)× 税率 − 税額控除 = 住民税

税額控除の部分は、基礎控除、配偶者控除、扶養控除が当てはまりますが、
所得税の計算をする場合は、これらの控除額は38万円でしたが、
住民税の場合は、33万円 になるので間違わないようにしてください。
所得税の計算方法については「所得税について」 を参考にしてください。

年収が110万円の方で、1年間に負担する住民税は3,600円ほどになります。
住民税の計算については、以下のホームページでシュミレーションできますので、
試してみてください。

 税額計算シュミレーション

色々と入力する項目がありますので、
給与所得の源泉徴収票を見ながら入力してください。





Copyright © 2009 - [ じぶんいろのしごと ] All rights reserved
Information on this site is for Japanese domestic market only.