じぶんいろのしごと

Web サイト内
  パチンコ釘の見方

釘の見分け方は基本的に簡単にできるものではありませんが
ここで説明している釘は、デジパチ(CR機等)では
どの台も基本的に一緒ですから、ご参考下さい。
そうすれば、いつの日か釘の見分けが簡単にできるようになるかもしれません。
ここで解説していない釘の部分は機種ごと違う場合があるのでご注意下さい。

まず最初に

まず初めに、全体の釘構成のことを「ゲージ」といいます。
個々の釘等の説明については上の写真と下の説明を参考にして下さい。
名称 簡単な説明
@ ヨロイ釘 玉の流れを整えるためにある釘。
昔は、ここの釘を調整する店が結構あったようですが、
今ではここの釘を調整する店は少なくなりました。
A 天釘 盤面最上部に横一列に約5本並んだ釘。
ここで玉が左右に振り分けられます。
ここの釘を調整する店が、まれにあります。
B スルーチャッカー 「GO」と書いる玉の通り道。
ここを玉が通過すると小デジタルが回ります。
時短中の玉の増減に関係します。今では盤面の下の方にスルーチャッカーがある台が多いです。
C 風車 くるくる丸いものが回っているのが風車。
ここで玉を中央に寄せたり下に落としたり振り分けます。
最近では、ここがよく調整されているので要注意。
風車があるため釘の角度が見づらいです。
D 道釘 Fのヘソ釘に玉を運ぶ一連の釘。この釘が
マイナス調整されると、ヘソまで届きにくくなります。
最近では、ここがよく調整されているので要注意。
E ステップ釘 ヘソ左右の1本釘。ここの釘はかなり重要で、
ほとんどのパチンコ店がここの釘で
図柄(数字)の回転数を調整します。
F ヘソ釘 Gのスタートチャッカーの上の2本釘。
最重要部分であり、命釘とも呼ばれています。
ここの釘で図柄(数字)の回転数を調整します。
G スタートチャッカー ここに玉が入ると図柄(数字)が回転します。
H アタッカー 大当りになると、ここが開きます。



基礎その1

Fのヘソ釘をよく見ること。
見やすい見方は、上から覗き込むようにして見ることです。
当然ヘソ釘は左右の釘の間の間隔が開いてるほうが良いです。
どうしてもヘソ釘が開いてるか判らない人は、パチンコの玉をヘソのところへ
近づけて測るか、タバコを近づけて間隔を測ればOKです。
パチンコの玉やタバコよりどれくらい広がってるか、よく見定めることです。


基礎その2

Eのステップ釘は要チェック
ステップ釘は結構見ない人が居るようですが重要です。
回転数に影響しますので見て下さい。
ステップ釘は下向きになっているとダメです。上向きが良い釘です。
上にも下にも向いていない標準釘なら、なんとかOKでしょう。


基礎その3

Cの風車をよく見ること。昔の風車は1番上にある画像のように4つありました。
今では上段部分の2つの風車がない台が増えてきています。
下段にある2つの風車は重要なので、よく見て下さい。
下段にある風車の左側を特に注意して下さい。
風車の真ん中にある釘の向きを見て判断しましょう。
左にある風車は左向き。右にある風車は右向きになっている台が良いです。
左にある風車が右向きになっている場合は、
玉がヘソ釘のある中央部分に玉がいきません。
下側に玉が落ちてしまうので回転数が大幅に減ります。注意して下さい。


基礎その4

Dの道釘も重要です。左にある道釘が特に重要。
下の画像のように連なっている釘が3組くらいあります。
その組の間には玉が1つ半入るくらいの間があいています。
そこの間が狭くなっていれば良いですし
逆に広くなっていれば玉がその間から落ちやすいです。
画像に書いてある矢印の向きの調整がベスト!
高換金率の店では、ここの釘で図柄(数字)の回転数を
落とす場合が多いので気をつけましょう。
2.5円交換以下の店で、ここの釘が良くない場合は回収台の危険があります。


攻略関連
 パチンコ・パチスロ攻略情報
 パチンコ・パチスロ攻略会社
ホール関連
 ホール選び
 ホールでの立ち回り
 ホールでのトラブル

情報収集
 攻略理論
 パチンコ釘の見方
 パチスロ5号機について
 ボーダー・機械割・期待値
 パチンコ・パチスロ用語集
 メーカー
 ゲーム・グッズ・雑誌
コラム
 パチンコの玉
 止め打ち
 ボーダーライン
 目押し
 高設定台を打つ方法
 体感器
 収支表
 データ機器設置ホール
 貯玉システム







Copyright © 2009 - [ じぶんいろのしごと ] All rights reserved
Information on this site is for Japanese domestic market only.