じぶんいろのしごと

Web サイト内
  高額医療費制度

高額医療費制度とは

健保組合や国民健康保険などの健康保険には、
かかった医療費に対して 一定の金額(自己負担限度額)を超えた部分が
払い戻される「高額療養費制度」があります。


高額医療費の注意点

家族の利用分についても合算することができます。

この制度は同じ月に同じ医療機関で受診をした医療費が対象となります。
個人医院での場合は入院から退院まで「同じ医療機関」の扱いとなるが、
  総合病院の場合のように内科、外科といったように科をまたいだ受診に
  対しては医療費を合算できない場合があることに注意。

2年までなら過去に遡って請求請求することができます。


高額医療費の計算

70歳未満の方 医療費の自己負担限度額 (1か月あたり)
上位所得者 150,000 円+(総医療費−500,000 円)×1%
一般の人 80,100 円+(総医療費−267,000 円))×1%
低所得者 35,400円
・上位所得者とは標準報酬月額53万円以上
・低所得者は住民税非課税世帯

70〜74歳の方 医療費の自己負担限度額 (1か月あたり)
現役並み所得者 80,100 円+(総医療費−267,000 円)×1%
一般の人 62,100 円
低所得者U
(住民税非課税)
24,600 円
低所得者T
(年金収入80万円以下等)
15,000 円



高額医療費の計算例

1ヶ月の医療費が100万円かかった場合で、
70歳未満の方で、標準報酬月額53万円以下の場合で試算してみます。

上記の計算式に基づき
自己負担分=8万100円 + (100万円−26万7,000円) ×1%
        =8万7,430円

つまり、本人が負担する分は8万7,430円となります。



高額療養費の現物給付化

入院前など高額療養費の発生が予想される場合は、
あらかじめ健保窓口へ行き「限度額適用認定証」をもらっておくと、
これを事前に病院の窓口へ提出することにより、
退院時の支払いが自動的に限度額までとなります。

先の1ヶ月100万円の例で言えば、
8万7,430円を窓口で 支払うだけでよくなります。


節約・裏技・知恵
 家計簿をつけてみよう
 電気・水道・ガスの節約術
 家賃の節約術
 引越し代節約術
 保険料節約術
 時間の節約術
 無料サンプル節約術
 公的給付金・補助金を貰おう
 裏技情報総合
公的給付金・補助金を貰おう
 失業・再就職時にもらえるお金
 教育訓練給付金
 高額医療費制度
 傷病手当金
 労災保険
 出産育児一時金
 不妊治療費助成金
 出産手当金
 児童手当
 その他、公的給付金・補助金制度







Copyright © 2009 - [ じぶんいろのしごと ] All rights reserved
Information on this site is for Japanese domestic market only.