じぶんいろのしごと

Web サイト内
  出産育児一時金

出産育児一時金

もらえる人 健康保険または国民健康保険の加入者
(専業主婦は夫の加入している健康保険から)
手続先  勤務先。国民健康保険の方は市区町村役場。
手続きの期間 出産の次の日から2年以内

出産時の入院代をカバーするために、
加入中の健康保険から38万円が支給されます。
夫の健康保険の被扶養者となっている妻の場合は、
夫が家族出産育児一時金として38万円をもらうことができます。
妊娠、4ヶ月以上の出産(85週以上)なら、
流産や死産でも受給することが可能です。
子殿の人数分受け取れるので、双子なら76万円受給できます。

2009/1月より1人あたりの受給額が38万円に引き上げになりました。
支給額は、また変更される場合がありますので、最新の支給額については、
  お近くの市区町村役場でご確認ください。


こんな点にも注意

出産費用が払えない!そんなときは事前申請すると助かります!
事前申請とは、被保険者が出産前に一時金を受け取れるということではなく、
医療機関が給付の受け取りを代理するかたちになります。
従って、出産時に40万円かかったとしたら、
医療機関が38万円の受け取りを代理してくれるので、
医療機関には差額の2万円支払うだけでいいのです。
但し、医療機関によっては、事前申請できないところもありますので
前もって医療機関に確認
してから事前申請したほうがよいです。

事前申請の手続きの流れ
 @妊娠が確認されたら市区町村から母子健康手帳をもらう。
 A社会保険事務所から出産育児一時金請求書(事前申請用)をもらう。
  ⇒出産予定日1ヶ月前から申請できます。
  ⇒夫が会社員の場合は勤務先で申請します。
 Bかかっている産婦人科で、一時金請求書の受取代理欄に記入してもらう。
  ⇒Aで必要な書類がもらえるので、その書類を産婦人科にもっていきます
 C産婦人科で記入してもらった出産育児一時金請求書(事前申請用)を
   社会保険事務所へ提出します。


節約・裏技・知恵
 家計簿をつけてみよう
 電気・水道・ガスの節約術
 家賃の節約術
 引越し代節約術
 保険料節約術
 時間の節約術
 無料サンプル節約術
 公的給付金・補助金を貰おう
 裏技情報総合
公的給付金・補助金を貰おう
 失業・再就職時にもらえるお金
 教育訓練給付金
 高額医療費制度
 傷病手当金
 労災保険
 出産育児一時金
 不妊治療費助成金
 出産手当金
 児童手当
 その他、公的給付金・補助金制度







Copyright © 2009 - [ じぶんいろのしごと ] All rights reserved
Information on this site is for Japanese domestic market only.