じぶんいろのしごと

Web サイト内
  児童手当 (こども手当)

児童手当

もらえる人 小学校6年生までの子供を養育している親
手続先  居住地の市区町村役場
手続きの期間 出産後すぐに 出生届けの後にするのが良いです

児童手当は小学校6年生までの子供を育てている家庭に支給されます。
居住している市区町村役場から口座に振り込まれます。
本人名義(親)の口座を用意する必要があることに注意してください。

金額は子供1人につき3歳未満までは月額1万円、
3歳以上になると月額5,000円になります。
但し、第3子以降の子供であれば、3歳以上でも月額1万円が支給されます。

振込みは毎月ではなく、
毎年2月、6月、10月の年3回に分けて4ヶ月分ずつ振り込まれます。

居住の市区町村役場に子供が生まれたら「出生届け」を出す必要がありますが
その際に、児童手当の手続きをしましょう。
児童手当の振込先の口座の通帳と印鑑が必要になります。


児童手当の注意点

児童手当には所得制限があり、生計を支える人の前年の所得に応じて、
児童手当を受給できない場合があります。
ただし、共働きをしていても、主として生計を支える人であり
世帯の収入では審査されず、また結構な高所得者でないと
所得制限から外れないので、多くの家庭で受給されています。

注意するのは、支給開始が申請した翌月分からとなること。
また申請を忘れた場合には、過去にさかのぼって支給ができないため、
出生届けと一緒に申請を済ませてしまいましょう。

また、毎年8月に「現況届け」を出さないと
支給が止まる
ので注意してください。


節約・裏技・知恵
 家計簿をつけてみよう
 電気・水道・ガスの節約術
 家賃の節約術
 引越し代節約術
 保険料節約術
 時間の節約術
 無料サンプル節約術
 公的給付金・補助金を貰おう
 裏技情報総合
公的給付金・補助金を貰おう
 失業・再就職時にもらえるお金
 教育訓練給付金
 高額医療費制度
 傷病手当金
 労災保険
 出産育児一時金
 不妊治療費助成金
 出産手当金
 児童手当
 その他、公的給付金・補助金制度







Copyright © 2009 - [ じぶんいろのしごと ] All rights reserved
Information on this site is for Japanese domestic market only.