じぶんいろのしごと

Web サイト内
  所得税について

所得税とは、1年間で稼いだ所得にかかる税金のことを言います。
しかし、所得税というのは、所得にまるまる税金がかかるわけではないんですね。
どうゆうことかと言うと、基礎控除(きそこうじょ)というものがあって、
所得から一律に38万円を引くことができるんです。
この基礎控除を差し引いた金額に税金がかかります。

例えば、あなたの1年間の所得が150万円だったとします。
そして、所得税の税率が20%だったとします。(本当はもっと複雑です)
そうすると、所得税は、

150 × 20% = 30万円
(所得) (税率)


となります。 しかし、先ほど説明した、基礎控除というものがあるので、

(150  −  38) ×   20%  =  22.4万円
(所得) (基礎控除)   (税率)


所得から基礎控除を差し引いた金額に所得税がかかります。
このように所得税は、所得の金額、全てにかかるのではなく、
基礎控除を引いた金額にかかります。

また、一口に所得といっても色々あり、給料やアルバイト料などもあれば、
懸賞の賞金や、競馬・競輪の払戻金といったものもあります。

給与所得 ・・・・ 会社から受け取る給料、ボーナス
一時所得 ・・・・ 賞金、競馬等の払戻金
不動産所得 ・・・・ 地代、家賃、権利金

など、所得の種類は10種類あります。
基礎控除は、これら10種類すべての所得に対して控除できます。

実は、給与所得の場合、基礎控除のほかに
給与所得控除 (きゅうよしょとくこうじょ) というものがあります。
給与所得控除とは、給与所得だけで引かれる控除のことで、
65万円の金額を差し引くことができます。
先ほどの、計算にあてはめると

( 150  −  38 −    65 ) ×   20% = 9.4万円
 (所得) (基礎控除) (給与所得控除) (税率)


と所得税が半額以上になってしまいました。

所得税は、所得から基礎控除と給与所得控除を差し引かれた金額に
課税されるというのはわかったと思いますが、
もし、所得が基礎控除と給与控除よりも少なかったらどうなるのでしょうか?
そうです、所得税はかからないんです。
基礎控除と給与所得控除の金額を足すと、

38 + 65 = 103万円になります。

つまり、所得が103万円以内なら所得税がかからないんですね。
こういった理由から収入を103万円まで抑えようとする方も多いというわけですね。

しかし、年収103万円というと1ヶ月あたり8万5千円の計算になります。
もっと稼ぎたいと思っている方には、ちょっと物足りない金額かもしれません。
そういった場合でも、所得税を払わないですむなら、
103万円で我慢した方がいいのでしょうか?

そこで、「103万円」を守れば絶対お得なのかということについて
お話していきたいと思いますが
その前に、働く女性の雇用管理の改善等を主な事業として行なっている、
財団法人21世紀職業財団が実施した「パートタイム労働者実態調査」によると、
年収や労働時間を調整している人の実に50%以上が、
103万円を気にしている
ということがわかりました。

年収の調整または労働時間の調整の有無及び調整の理由 <複数回答>
年収や労働時間を調整している 100.0%
自分の所得税の非課税限度額(103万円)を超えると
税金を支払わなければならないから
54.9%
一定額(130万円)を超えると配偶者の健康保険、
厚生年金等の被扶養者からはずれ、
自分で健康保険等に加入しなければならなくなるから
46.4%
一定額を超えると配偶者の税制上の配偶者控除がなくなり、
配偶者特別控除が少なくなるから
36.5%
一定額を超えると配偶者の会社の配偶者手当がもらえなくなるから 25.7%
正社員の所定労働時間の3/4以上になると、
健康保険、厚生年金等に加入しなければならないから
14.8%
会社の都合により雇用保険、厚生年金等の加入要件に
該当しないようにしているため
6.8%
その他 6.2%
無回答 6.6%
労働時間が週の所定労働時間20時間以上になると
雇用保険に加入しなければならないため
3.3%
「パートタイム労働者実態調査」 (21世紀職業財団)

やはり、パートや派遣をされている方は、所得税の支払い上限である、
103万円を意識しながら働いているというのがわかりますね。

確かに、せっかく収入を得たのに、 その一部を税金でもっていかれるというのは
ちょっと損した気分になりますよね。

しかし、働ける時間もある程度あって、収入をもっと欲しいという方には、
103万円という金額は決して満足できる数値ではないかもしれません。
年収103万円というと1ヶ月平均8万5千円程度ですからね。

では、 本当に103万円を超えると損をするのでしょうか?

実は、税金はとても複雑なので、103万円を超えたからといって
一概に損をするとはいえないのです。

例えば、年収が103万円を超えても、生命保険や損害保険を支払っている方は、
ある一定の要件に該当すれば、保険料控除として所得税が控除されます。

生命保険控除でしたら、最高5万円を限度として所得から控除されますから、
108万円までは、所得税がかからない計算になります。

また、多く稼いだとしても、所得税の税率は、330万円までは10%なので、
10万円を多く稼いだとしても支払う所得税は1万円なんですよね。
つまり手取り収入は

113 - 1 = 112万円   ということになります。

では、ここで10万円ごとに年収が上がった場合の
所得税と手取り年収を見てみましょう。

給与所得 所得税 手取り収入
113万円 1万円 112万円
123万円 2万円 121万円
133万円 3万円 130万円
143万円 4万円 139万円
153万円 5万円 148万円
163万円 6万円 157万円
173万円 7万円 166万円
183万円 8万円 175万円
193万円 9万円 184万円


これを見ると、税金を支払ったしても、
手取り年収が増えたほうが得した気分になりませんか?

しかし働いている方が主婦の場合は、配偶者控除 の兼ね合いもありますので、
そのことも検討された上で目指す収入を決めるほうが良いかもしれません。


 「配偶者控除について」詳細はこちら





Copyright © 2009 - [ じぶんいろのしごと ] All rights reserved
Information on this site is for Japanese domestic market only.