じぶんいろのしごと

Web サイト内
  ホールでの立ち回り

時期に関わる立ち回り
当然のことですが、ホールには『出す時期』と『出さない時期』があります。
年間スケジュール、月間スケジュール、週別スケジュールと
いろいろな波がありますが、それを意識して立ち回ることは、
時間効率的にも非常に重要ですし、どういった機種を狙っていくか、
という機種選択にも影響します。

年間の動き
年間でいくと大きな波は3つです。
年末年始の正月休み、GW、そして盆休みです。
ホールにとっては絶好のかきいれ時ですので、
この時期には当然釘調整、設定状況が辛くなります。
サラリーマンなどは、どうしても休みの時期、ゆっくり打てる時期と
この「極寒の3大Week」が一致しますが、この場合は、他の趣味でもして
時間を潰しながら、ハイエナオンリーで立ち回るべきでしょう。

また、逆にこの「極寒の3大Week」の前の週あたりはねらい目です。
この時期にしっかり客を掴んでおけば、
次の週には倍になって返ってくると、性悪店長は思うからです。ですので、
この時期は積極的に打ちにいくスタイル
⇒高設定を狙いに行く立ち回りがお奨めです。

その他、ボーナス時期(6月、12月)、年末の新台ラッシュの時期なども
年間の定期的な動きとして存在しますので、
この前後も押し引きを考えて立ち回りましょう。

月間の動き
月間の動きとして一般的に言われているのは、
月末月初は辛く、中旬は比較的甘いです。
というのもパチンコ店(特にチェーン展開している大手ホールなど)も、
一般の会社ですから、従業員への給料や各種支払いのサイクルは
一月単位です。
ですので、収益の管理も1ヶ月単位で行っています。
そこで、月初には今月分を極力稼いでおきたいのと、
月末はその月の調整のため締めることが多いのです。

特に月末は、25日が大抵のサラリーマンの給料日であるため、
小金持ちの人々の財布からガッポリ抜くため極悪店長は締めまくってきます。
給料日の土日は高設定など狙わずにハイエナなどの散撃に徹しましょう。
逆に給料日前の平日などは比較的甘めの調整となりますので、
ここが攻めどころです。

週間の動き
週末の土日は黙っていてもお客が来てくれるので、締めます。
他は、感覚的ですが、稼動の少ない月・火、
土日に向けて印象を良くしたい金曜日は出す傾向にあると思います。

イベントの前後の動き
これも感覚的にわかると思いますが、
その店のイベントが信頼できればできるほど、
イベント前後は締めてイベント時に出す、という傾向があります。
毎日難かしらのイベントをやってるような胡散臭いホールは、
特に気にしなくてもいいのかな、と思います。


箱の大きさをみましょう
これにより店選びをすることはありませんが、
ドル箱の大きさっていうのは結構チェックします。
通常普通に積めば1,500枚程度のコインが入るサイズが標準だとおもいますが、
ドル箱が妙に小さかったり、微妙な上げ底で見た目よりも全然コインが
入らない箱を使っているホールが多々あります。

そういうホールを見ると、
そんなにまでしていっぱいでている様に見せたいんだなぁ、
思ってしまいます。(事実そういう意図でしょう。)

また、そんなとこに特注の箱使って無駄な経費をかけるなら、
少しでも出玉に還元してくれ、と思います。
優良なホールであれば、箱なんて、標準的なものを置いて、
いっぱい出過ぎたら文字通りドル箱だとかに入れ替えるものです。
そんな小さな箱でやってたら、店内が箱だらけで邪魔になるだけなんです。


攻略関連
 パチンコ・パチスロ攻略情報
 パチンコ・パチスロ攻略会社
ホール関連
 ホール選び
 ホールでの立ち回り
 ホールでのトラブル

情報収集
 攻略理論
 パチンコ釘の見方
 パチスロ5号機について
 ボーダー・機械割・期待値
 パチンコ・パチスロ用語集
 メーカー
 ゲーム・グッズ・雑誌
コラム
 パチンコの玉
 止め打ち
 ボーダーライン
 目押し
 高設定台を打つ方法
 体感器
 収支表
 データ機器設置ホール
 貯玉システム







Copyright © 2009 - [ じぶんいろのしごと ] All rights reserved
Information on this site is for Japanese domestic market only.