じぶんいろのしごと

Web サイト内
  止め打ち

パチンコを、ただボーっと打っていてはいけません。
そのような打ち方では、いくつかのポイントでパチンコ玉を無駄にしています。
このとき有効なのが”止め打ち”なのです。
そのパチンコ玉を無駄にしているポイントを説明します。


止め打ち・その1
保留玉を4つ貯留している時に、さらに入ったスタートは無効になります。
玉の打ち出しを止めてください。

止め打ちには、タイムラグの少ないウェイトボタンを使うタイプと、
疲れの少ない手を離すタイプがあります。
好みですが長時間、頻繁に使うので、ハンドルを固定し、
指先を触れて離す方法が一般的なようです。
但し、ホールによっては1円や5円玉などで固定することが
禁止になっている場合もあります。

最近は盤面が大きくなり、
発射からスタートチャッカーに届くまでの時間が長くなり、
タイミングが取りづらくなっていますが、慣れるまで根気強く行ってください。
コツひとつで、どんなパチンコ台にも対応できるようになります。


止め打ち・その2
確変中、時短中のチューリップの開閉に合わせての止め打ちも有効です。
しかし機種によっては開くタイミングがバラバラだったり、
間隔が短すぎたりするものもあります。
さらにパチンコ店のデータでは、確変中、時短中の玉の増減は確変ベースと
呼ばれ、たいてい100%を超えないように釘調整されます。
中には80%以下まで落とすパチンコ店もあるので、
このような店での止め打ちは、逆に時間効率が悪くなってします。
この止め打ちは、機種選びと店選びが重要になってきます。


止め打ち・その3
大当り中のラウンド間に、アタッカーが閉まっている時間が
長い機種であれば、止め打ちは有効です。
アタッカーが閉まっている間、5個以上玉をロスするようであれば実行しましょう。


攻略関連
 パチンコ・パチスロ攻略情報
 パチンコ・パチスロ攻略会社
ホール関連
 ホール選び
 ホールでの立ち回り
 ホールでのトラブル

情報収集
 攻略理論
 パチンコ釘の見方
 パチスロ5号機について
 ボーダー・機械割・期待値
 パチンコ・パチスロ用語集
 メーカー
 ゲーム・グッズ・雑誌
コラム
 パチンコの玉
 止め打ち
 ボーダーライン
 目押し
 高設定台を打つ方法
 体感器
 収支表
 データ機器設置ホール
 貯玉システム







Copyright © 2009 - [ じぶんいろのしごと ] All rights reserved
Information on this site is for Japanese domestic market only.