じぶんいろのしごと

Web サイト内
  懲戒処分

 1 懲戒処分とは
懲戒処分とは、労働者が企業秩序に違反したことに対して、
使用者によって課される一種の制裁罰のことを言います。
企業秩序に違反とは以下のものをいいます。

1.職務上の義務に違反した場合 (遅刻、無断欠勤等)
2.職場規律や職場秩序に違反した場合 (喧嘩、賭博等)
3.企業の対面や信用を失墜させた場合 (逮捕により企業名が公表される等)
  も含みます。


 2 懲戒処分を行うには
懲戒処分を行うには、懲戒処分の種類と程度を
就業規則に記載する必要があります。
このことから、懲戒処分を行うには就業規則に、懲戒処分の事由と手段を定め、
労働者に周知しなければいけません。


 3 懲戒処分の種類
懲戒処分には主に以下のものがあります。

譴責・戒告
  譴責は始末書を提出させて将来を戒めることをいいます。
  戒告は始末書を提出させないで、将来を戒めることをいいます。

減給
  賃金から一定額を差し引く処分のことをいいます。
  ただし、減給は減給処分1回につき平均賃金の2分の1までとし、
  減給の総額は給与総額の10分の1までしか行うことはできません。

出勤停止
  労働者に対して一定期間の就労を禁止し、
  その間の賃金を支払わない処分のことをいいます。

降格
  職務を低位のものに下げる処分のことをいいます。

諭旨解雇
  労働者に退職勧告を行い、
  これに従わない場合には懲戒解雇する処分のことをいいます。

懲戒解雇
  労働者を解雇する処分のことをいいます。
  突然、正当な理由もなく、解雇された場合には
  「解雇予告手当」の請求ができます。







Copyright © 2009 - [ じぶんいろのしごと ] All rights reserved
Information on this site is for Japanese domestic market only.