じぶんいろのしごと

Web サイト内
  残業代

1 残業代とは

残業代とは、会社の業務が忙しいなどの理由によって、
本来の労働時間を越えて働いた場合に支払われる賃金です。
これには、2つの種類があります。

法定内残業に対する残業代
本来の労働時間を越えて労働したが、
その時間が法律で定める労働時間の限度を超えない場合に
支払われる残業代

時間外労働に対する残業代
本来の労働時間を越えて労働し、
かつ、その時間が法律で定める労働時間の限度を超える場合に
支払われる残業代

たとえば、次の場合を考えて見ましょう。
就業規則で1日の労働時間が7時間と定められている会社があります。
その会社で、1時間の残業を行ったとします。
原則として、労働基準法において労働時間は1日8時間、1週間40時間です。

このことから、1時間の残業をしたとしても、
7時間(本来の労働時間)+1時間(残業時間)=8時間 となります。

8時間は労働基準法でいう労働時間を越えていないことから、
1時間の残業については、 法定内残業に対する残業代を支払えば足ります。

今度は、同じケースで2時間残業したとします。
そうすると、7時間(本来の労働時間)+2時間(残業時間)=9時間 となります。

1日の労働時間9時間は法律で定める労働時間を越えますので、
時間外労働に対する残業代を支払う必要があります。

ただし、8時間を越えている部分は1時間のみです。

このことから、残業時間2時間のうち、
最初の1時間については、法定内残業に対する残業代
後の1時間については、時間外労働に対する残業代 の支払いが必要になります。

2 法定内残業に対する残業代と時間外労働に対する残業代の違い

法定内残業に対する残業代は、通常の労働時間の賃金を支払えば大丈夫です。
時間外労働に対する残業代は、通常の労働時間の賃金だけではなく、
割増賃金の支払いも必要です。







Copyright © 2009 - [ じぶんいろのしごと ] All rights reserved
Information on this site is for Japanese domestic market only.